第2回 女性のあした大賞 エントリー募集中


女性のあしたがが輝く商品・サービスを表彰いたします。

表彰した商品・サービスは、webサイトおよびマスコミリリース、女性マーケットトレンド情報誌「HERSTORY REVIEW」に掲載します。

ふるってご応募ください。

第1回受賞企業はこちら

 

■応募基準

女性のあした大賞とは、以下の基準の商品・サービスです。

該当すると思う商品・サービスをお待ちします。

1.今日より明日の女性の生活に助かる、便利になる

2.今日より明日の女性の気持ちがポジティブに、笑顔に、元気になる

3.今日より明日の女性が積極的に、前向きに活躍できる

4.女性が家族に、地域に、社会に関わる意欲を持てる。女性の意欲を後押しする

5.未来の女性たちがより輝くことに影響を及ぼす

 

■募集部門

商品賞……上記を満たすと思える商品(群)

サービス賞・・・上記を満たすと思えるサービス(群)

 

■その他

エントリー 1件 審査費用3,000円

(商品部門1点・サービス部門1サービスにつき。1社複数のエントリー可能です)

 

応募締切:2017年11月15日(水)14:00

発表:2017年12月11日(月) 授賞企業にはあらかじめご連絡します。その他はサイト上でご確認ください。

 

■応募フォーム

※エントリー受付は終了しました。

「女性のあした大賞」の目的

ヒット商品やトレンドは、すぐに陳腐化します。ネット社会では陳腐化のスピードが加速しています。

一時の流行に終わる商品ではなく、「女性のあしたの社会」に必要かつ残ってほしいという期待、未来へ貢献する技術や志も評価しています。

「女性のあした大賞」選考ポイント

1.今日より明日の女性の生活に助かる、便利になる

2.今日より明日の女性の気持ちがポジティブに、笑顔に、元気になる

3.今日より明日の女性が積極的に、前向きに活躍できる

4.女性が家族に、地域に、社会に関わる意欲を持てる。女性の意欲を後押しする

5.未来の女性たちがより輝くことに影響を及ぼす

「女性のあした大賞」選考方法

HERSTORYの全国3000人の女性会員の投票、HERSTORY社員、「HERSTORY REVIEW」編集スタッフによる推薦に基づき、選考委員が協議して決定しました。

 

(選考委員)

株式会社ハー・ストーリィ 代表取締役 日野佳恵子

Facebook 家電オンナ塾、買物オンナ塾 編集長 安井久美子

 

第一回 2016年12月発表

「商品」「サービス」の2ジャンルを選考しました。 

  商品賞・・・女性の生活や暮らしがより助かる、便利になる商品(群)

  サービス賞・・・女性がココロにゆとりを持ち、癒され、やさしい気持ちでいられるサービス(群)

 

■商品賞

アイシン精機株式会社 L&E商品本部  

チームリーダー花井博章 様

 

「大変、光栄です。この商品は実は以前からあったのですが全面に押し出していませんでした。一人の女性のお客様から、どうしてこんないいものをもっと宣伝しないのか。女性の冷えにとても助かる。という言葉をお聞きして研究、改良し今回の商品になりました」

 

■サービス

株式会社ベアーズ
副社長 高橋ゆき 様

 

「これからも女性のあしたを輝かせる未来に貢献し、女性に元気と笑顔を与えられる企業であり続けられるようチーム一丸となって、愛と感謝で精進いたします。2016年12月25日、チームベアーズにとって嬉しいクリスマスになりました。素晴らしい賞をありがとうございました。表彰状と記念の盾を手渡された瞬間、感激で胸がいっぱいになりました」

各賞発表


商品賞

足元ぬくぬくマットレス

株式会社アイシン精機株式会社

http://www.aisin-asleep.com/pdf/nukunuku_mattress.pdf

 

冷えに悩む女性は冷えをストレスと感じています。また、調査対象者の4分の3以上の女性が寒い季節の就寝時の冷えを気にしています。(HERSTORY調査による。)

「足元ぬくぬくマットレス」はマットレスの膝下からつま先部分に電気式の ヒーター を内蔵し、脚部分を 理想の寝床内温度と言われる「33℃」に設定することにより、特に冷えに悩む女性の快適な眠りをサポートします。

HERSTORYでは調査を通じて冷えに悩む女性たちの実態を把握する中で、アイシン精機様の「足元ぬくぬくマットレス」で女性たちに快適な眠りを提供する姿勢と商品発売後の影響力に期待を込めて「女性の生活や暮らしがより助かる商品」と認定します。

 


サービス賞

家事代行 

代表表彰 株式会社ベアーズ

http://www.happy-bears.com/

 

富裕層対象と考えられていた家事代行サービスですが、近年サービスメニューを細分化,明確化することにより利用者層が広がっています。

家事をアウトソースすることで女性の社会進出を後押し。専業主婦にもゆとりの時間をもたらし、女性の生活環境に変化を与えたサービスです。

また、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)への協力により、特に20代女性において女性の家事労働の価値への興味が高まり、家事代行業の認知、知名度やイメージの向上、さらには家事労働を見つめなおすきっかけづくりに一役買っています。


■会社概要

【本社】〒106-0032 東京都港区六本木5-11-25鳥居坂アネックス5F

【代表】代表取締役 日野 佳恵子

【設立】1990年8月20日

【事業内容】女性客マーケティング&コンサルティング

女性のあした研究所

 http://herstory.co.jp/hs/lab

HERSTORY REVIEW

 http://herstory.co.jp/review/